« 2011年3月18日 (金) | トップページ | 2011年5月20日 (金) »

2011年3月26日 (土)

今できること(2)

先日の新聞に、自らも被災した歯科医師たちが避難場所で臨時の歯科医院を開設して無料で診療を行ったという記事が載っていました。
陸前高田市では市内の9軒の歯科医院のうち8軒が全壊するなどで、いずれも診療を行っていないそうです。

阪神淡路大震災のときも中越地震のときもあまり報道されませんでしたが、避難後に肺炎で亡くなった方がかなりの数いたそうです。その中にはいわゆる誤嚥性肺炎も多くあったと言われています。
厳しい避難生活の中で、どうしても後回しになってしまう口腔ケア。
他にも逃げる途中などに入れ歯を無くしたために、うまく食事ができない方もいるでしょう。
我々歯科医ができることは、このような方に手を差し伸べることでしょう。

しかし、今の時点でよその地区の者が被災地に多く入ることは、かえって迷惑をかけることになるかもしれません。食事や寝る場所、さらにトイレのこともあります。そういったものはできるだけ現地の方に提供すべきでしょう。

そこで今私にできるのは、地元の歯科医院ができるだけ早く再建して診療を再開できるように手助けすることでしょう。

今後はその思いを日本歯科医師会を通じて被災地の先生方に届けたいと思います。

Scan0002

       日経新聞からの切抜きです。   

|

« 2011年3月18日 (金) | トップページ | 2011年5月20日 (金) »