« 2009年12月25日 (金) | トップページ | 2010年2月15日 (月) »

2010年2月 5日 (金)

プリウス

最近のプリウスのブレーキ問題について、プリウス(2代目)オーナーとして一言いいたいことがあります。

そもそもプリウスのブレーキフィーリングについては、初代のときから欠点のひとつとしていわれてきました。それは回生ブレーキというシステム特有のものです。

確かに、普通の車から乗り換えると違和感を覚えますが、決して効かないわけではありません。それでも初代に比べれば2代目、新型とかなり感触はよくなっています。

マスコミは、ユーザーの苦情でプログラムを変更していたことを問題視していますが、車に限らず、工業製品は市販されてからそういうユーザーの声を聞いて少しづつ改良されていくものです。

今回の件も、ブレーキが効かないならいざ知らず、トヨタの首脳が会見で言っていたように、感覚の問題なのだから公表するしないは関係ないと思います。

つまり、ハンドルが重いとかラジオのスイッチがわかりにくいといったことと同レベルのことではないでしょうか。

また、一部報道で滑りやすい路面でブレーキが効かなかったという事例もあるようですが、当事者の話を聞く限り、ABSが作動したための現象と思えます。

ABS(アンチロック・ブレーキ・システム)というように、ブレーキをかけた時にタイヤがロックして制御不能になるのを防ぐ装置です。タイヤのグリップ力を保つことで、ハンドル操作で危険を回避できるようにするものです。決して、ブレーキの力を強くしたり、制動距離を短くするものではありません。

事故を起こした人の証言に「一秒くらいブレーキが抜けたようになった」というのがありました。これこそまさにABSが作動した時に感じる現象です。すなわち、タイヤがロックしそうになると、コンピュータがブレーキの力を緩めるのです。そのため一瞬ブレーキが効かないような感覚になるわけです。

運転のうまい人は自分の足でブレーキをコントロールしてロックさせないようにできるのですが、一般のドライバーにそれは無理な話です。そのためコンピュータがその代わりをしてくれる訳です。その制御の仕方が感覚的に合わなかったというのが、この問題の原因だと思います。

トヨタの側も、売れるのをいいことに、このようなハイブリッド車特有の構造やいろいろなデバイスの仕組みをきちんとユーザーに知らせなかったのは問題だと思います。

初代プリウスを購入したユーザーはやはり特殊な車なのだという認識を持っていたと思います。ですから、ブレーキのことも不満ではあってもそういうものだという割りきりがあったのでしょう。

でも今はこのようなマニアック(?)な人たちだけが乗っているわけではありません。売る前にきちんと何のための装置か、どういう風になるのか事細かに説明する必要があるのではないでしょうか。

車好きを自認する(鉄道マニアでもあるらしいけど)前原大臣ならわかっていると思いますが・・・

|

« 2009年12月25日 (金) | トップページ | 2010年2月15日 (月) »