« もういくつ寝ると・・ | トップページ | あめ玉がのどに詰まった時は »

2009年1月 3日 (土)

お餅がのどに詰まった時は

200901010904000

新年明けましておめでとうございます。

       本年も一年間よろしくお願いします。

 

 例年お正月の時期になると、必ずといっていいほどお餅をのどに詰まらせてお亡くなりなる人がいます。特にお雑煮に入ったお餅は柔らかくなっているので、なおさら詰まりやすくなってしまいます。

 もしもご家族の方(特にお年寄り)が、お餅を喉に詰まらせてしまったときは、すぐに背中を強く叩くことです(背部叩打法といいます)。

 それでも息ができないようなら、指を口の奥に突っ込んでお餅をかき出します。べとべとしてうまく取れないときは、お箸などを使います。ぐるぐる回すようにして、お餅をお箸に絡み付けるようにして取り出します。、このとき手に持つ方(太いほう)に何か布のようなものを巻くと喉を傷つけないで済みます。

 たとえ全部取れなくても、わずかでも穴があけば呼吸はできるようになります。その上で救急車を呼んで、病院に連れて行きましょう。

 将来、自分がこのようなことにならないように、普段から噛んだり飲んだりする能力が衰えないようにすることが大切です。若いうちから、お口の周りの筋肉を鍛え、唾液をたくさん出すようにしましょう。年をとってから嚥下障害になると、それを元に戻すことはなかなか難しいですから・・・・

 

|

« もういくつ寝ると・・ | トップページ | あめ玉がのどに詰まった時は »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。