« 2008年10月 3日 (金) | トップページ | 2008年10月31日 (金) »

2008年10月10日 (金)

インプラントセミナー

 去る10月5日(日)に(株)ジーシー主催の「インプラントセミナー ~テクニカルコース~」を受講してきました。

 講師は、いつもお世話になっている東京歯科大学水道橋病院口腔インプラント科准教授関根秀志先生(写真右)でした。20081005_3

 今回はレントゲンのトレースや模型を使った印象採得の実習などもあり、充実した一日を過ごすことができました。どの先生も異口同音におっしゃるのは、術前の診断の重要性です。 レントゲン写真を正確にトレースして、インプラントの埋入位置や長さ太さを決めていくことになります。また、最近は単に咬合の回復をはかるだけでなく、審美的要求も高くなってきています。そういう意味で補綴も考えて上での埋入も重要になってきています。

 インプラントはまだまだ発展途上の治療法です。虫歯を削ってかぶせるような治療とは違い、「絶対こうしないといけない」というものがまだ決まっていない状態です。それゆえ常に最新の情報を手に入れて、自らの知識を増やしていく必要があると思います。これからも積極的にセミナーなどに参加して、自己研鑽に励み、患者さんの「おいしい!」に貢献したいと思います。

 なお写真で二人が手に持っているのはGCインプラントの10倍模型です。ちっと欲しい・・・

| | コメント (0)

« 2008年10月 3日 (金) | トップページ | 2008年10月31日 (金) »