« 2008年8月30日 (土) | トップページ | 2008年9月19日 (金) »

2008年9月12日 (金)

日本歯周病学会認定歯科衛生士

 少し前のことになりますが、今年の4月に当院の歯科衛生士が「日本歯周病学会認定歯科衛生」と認定されました。

 この認定歯科衛生士とは、日本歯周病学会が歯周病の治療に際し、重要な役割を果たす歯科衛生士の育てるために、平成17年に発足した制度です。平成20年5月の時点で全国で631名の認定を受けており、そのうち埼玉県には30名の認定歯科衛生士がいます。Dscf0776

 認定期間は5年間で、その間に学会や研修会に積極的に参加して最新の考え方を常に勉強していく必要があります。決められた単位を習得しないと認定が取り消されてしまうのです。

 今や国民病ともいえる歯周病。最近は歯を失う原因が虫歯よりも歯周病によるものの方が多いといわれています。

 そういった歯周病予防と歯周病治療を的確に効率よく行うには、歯科医だけでは十分ではありません。もちろん主役は患者さん御自身ですが、豊富な知識と経験を有した歯科衛生士が対応することで、さらなる治療効果が期待できます。

詳しくは日本歯周病学会HPをご覧ください。                                              

| | コメント (0)

« 2008年8月30日 (土) | トップページ | 2008年9月19日 (金) »