« 6月4日は「虫歯予防デー」じゃない? | トップページ | はじめが肝心 »

2006年6月 5日 (月)

【号外】小児歯科認定医とは

小児歯科での専門的治療

 小児歯科では、単にお子さんの虫歯の治療をすればいいというものではありません。お子さんの成長を歯科的立場からサポートしていくことが大きな仕事です。そのためには歯並びや噛みあわせを治して、物を食べたり、正しい発音をしたり、豊かな表情を作ったりできるようにすることを目的としています。

 お医者様でも内科と小児科が分かれている様に、子供の治療には独特の問題を持つことが多く、専門的な対応が必要になることがあります。現在多くの歯科医院で「小児歯科」を標榜していますが、残念ながらそのすべてが「専門医」というわけではありません。いま治療を受けている歯医者さんが「かかりつけ医」ではありますが、小児歯科を専門にしている歯科医がアドバイスをしたり診察をしたりしたほうがより的確な治療を受けられ場合もあります。何か気になることがありましたら、まずは今のかかりつけ歯科医に相談してみてください。

 それでも問題が解決しないときは、小児歯科に関して高い専門性を有する専門医に見てもらうことをお勧めします。

 日本小児歯科学会では、知識・技能とも専門医としてふさわしいと認めたものに対する「認定医」制度があります(今後は専門医制度に変わります)。ホームページにも名簿が掲載されていますので、お近くの認定医を探してみたらいかがでしょうか。

|

« 6月4日は「虫歯予防デー」じゃない? | トップページ | はじめが肝心 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【号外】小児歯科認定医とは:

« 6月4日は「虫歯予防デー」じゃない? | トップページ | はじめが肝心 »