« 2006年6月15日 (木) | トップページ | 2006年6月29日 (木) »

2006年6月22日 (木)

やめられない、とまらない

“指しゃぶり”はふつう何歳までやってるの?

<0~1歳児>

 この時期の指しゃぶりはあまり心配いりません。指しゃぶり自体は異常なものではなく、もともと生理的なものです。歯への影響もないので、あまり神経質ならないほうがよいでしょう。

<2~3歳児>

 さびしいときや不安なときに指しゃぶりをすることで精神を落ち着かせたりしていますので、無理にやめさせようと叱ったり注意したりするのはよくありません。時に指しゃぶりにより前歯を押し出してしまうことがありますが、指しゃぶりがしなくなれば元に戻るでしょう。

<4~5歳児>

 このくらいの時期には自然とやらなくなっていることが多いです。もしこの年齢まで指しゃぶりを続けていればその原因を考える必要があります。

  • お子さん自身の問題 ・・・ 幼稚園での人間関係など   
  • 家庭環境の問題 ・・・・ 両親の意見の対立など

指しゃぶりの影響Open_1

  1. 上の前歯が押し出されて出っ歯になります
  2. 前歯がかみ合わなくなり、前歯で噛み切る感覚が習得できなくなります
  3. サ行、タ行などの発音が不明瞭になります
  4. 唇が半開き状態になります

指しゃぶりをやめさせるには

  1. 愛情をもって接してあげてください
  2. 指に刺激物(辛子など)を塗ったりするのは逆効果です
  3. 自分からやめたいと思わせることが大切です
  4. 家族の協力が必要です

| | コメント (0)

« 2006年6月15日 (木) | トップページ | 2006年6月29日 (木) »